2017年09月24日

アクションベース購入

MGヘイズル改の制作中ではありますが、パーツの表面処理が一向に終わる気配がないので、とりあえず先にバーザムの撮影を済ましておこうと思います。

……で、持っていたアクションベースを出してきて撮影しようとしたんですが、ベースの軸がポッキリ折れました。
いやー、ホント見事に。
完全に僕の扱いが雑だったのが原因ですが、流石に台座なしで撮影というのもあれなのでさっそく買ってきて組み立てました。

DSC_0825.jpg

で、台座に乗せるとこんな感じ。
バーザムは腰パーツの下に丸型の穴が開いているので、そこに差し込む形で保持します。

買った台座はバンダイのアクションベース2(ブラック)。
元々持っていたのは同じもののグレーでした。
今回も背景は黒背景で撮影するつもりなので、グレーの台座よりはブラックを用意できて良かったかもしれません。

とりあえず、今日は買い物と組み立てでタイムアップだったので、明日以降撮影してUPしようと思います。
次は折らないようにしないとね。


アクションベース 2 ブラック
バンダイ (2007-06-11)
売り上げランキング: 55

posted by 新堂秋裕 at 22:44| Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

MG 1/100 ヘイズル改 その2 【仮組み】

DSC_0799.jpg

MGヘイズル改の仮組み完了しました。

昨日は台風で家から出られなかったせいもあってずっとプラモ作ってました。
うちの近所では避難勧告が出された地域もあったみたいですが、うちは雨風が強いくらいで特に被害はなかったです。
平日だったら台風だろうが仕事なんで休日でまだ助かりました。


さて、というわけでMGヘイズル改。いやーこれは良いキットです。
発売前の写真なんかを見る限りだとディテール面はHGとさほど変わらないようにも思いましたが、実際に組んでみるとボリュームが段違いですね。
パーツの多さ、大きさと、やはり格段に凄い。圧倒されます。
いやー、やはり買ってよかった。


ちなみにこれから表面処理や塗装を始めるわけですが、今回僕が制作するにあたって注意しようと思うところを一応書き出しておきます。あくまで自分用のメモみたいな感じですが。

・頭部センサー部分の色分け。
HGでは単色だった上に合わせ目も地味に気になった箇所だけど、パーツが分割されてセンサーは緑がかったクリアーパーツになっている。ただし黄色の部分は塗装が必要。

・瞳のパーツが頭頂部のセンサーと同色のクリアーパーツに。
シールが付属しているのでシールで仕上げてもいいし塗装でもいい。
これはまあいつも通り。

・腰のV字型のマーク、左胸・バックパック・両足のセンサー、脚部黄色パーツは単色成型。
シールが付属しているので、腰のV字だけ部分塗装して他はシールで済まそうと思う。

・ライフルとマガジンは相変わらずモナカ。合わせ目消しが必要。

とまあ、ざっと目につくのはこれくらい。
作っているうちに気になるところも出てくるかもしれませんが、ひとまず作る時に気を付けるのはこんなもんでしょう。

あと、気を付ける部分というわけではないですが、HGではモナカ構造で合わせ目消しが必要だった肩、前腕、太もも、の合わせ目けしが不要になったのは大きいです。
前腕部には新規ディテールも追加されてていいですね。
それから、肩や脚のスラスターも分割されているのも嬉しい。
ここまでやったら腰のV字パーツも分割してほしかったけど、そこまで言ったら流石に欲張りすぎかな。

まあ、ともあれ、合わせ目消しやマスキングをする手間が減った分、パーツ数は多くなっているので途中で力尽きないように頑張って作っていきましょう。


機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 上巻 ADVANCE OF Z
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013-12-10)
売り上げランキング: 43,488

posted by 新堂秋裕 at 21:34| Comment(0) | MGヘイズル改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

MG 1/100 ヘイズル改 その1 【購入】

DSC_0778.jpg

プレミアムバンダイで予約していたMGヘイズル改が届きました!
いやー、念願のMGヘイズル改です。
HGではキット化され、1/100のヘイズルヘッドが模型誌の付録についたりはしていましたが、正式な1/100サイズのヘイズルはこれが初。
通常販売ではなくプレバンでの販売なのは残念ではありますが、これはAOZ好きとしては大きな一歩です。


DSC_0748.jpg

というわけで、実は3つまとめ買いしていたりします。
模型誌の付録だったプリムローズやフルドドがヤフオクとかでしか手に入らなくなった件もあるので、買えるうちに予備も含めて買っておこうという魂胆です。
1個5000円くらいするので結構奮発しました。

そして、ヘイズルと言えば特徴的なのがシールドブースターと、それを3つ装備したトライブースター。
それを再現したくての3つ買いです。

……そう。残念なことにシールドブースターは1キットにつき1個しかついていないのです。
つまりトライブースターの再現にはキットが3つ必要なんですね。
お金さえ払えば再現できるようになっただけ良いんですが、出来れば今後武器セットなどの発売に期待したいところです。

もっとも、個人的には3つどころか4つでも5つでも買いたいところなんですけどね。
流石にいっぺんにそれだけの出費はつらいので、ちゃんと一個作ったら追加でもう2,3個買うつもりです。
出来ればそのころにはMGアドバンスドヘイズルかプリムローズあたりのキット化の発表でもないかなぁって思っていたり。
もしくは単純にMGヘイズル改ティターンズカラーverとか。
せっかく金型流用できるんだから、ヘイズル系のバリエーションはどんどん出してほしいですね。

ちなみに、今後の更新はこのMGヘイズル改の制作を中心にやるつもりなのでよろしくお願いします。


機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 上巻 ADVANCE OF Z
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013-12-10)
売り上げランキング: 43,488

posted by 新堂秋裕 at 22:16| Comment(0) | MGヘイズル改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

HGUC 1/144 バーザム その5 【完成】

DSC_0742-2.jpg

HG 1/144 バーザム 完成しました!

金曜の仕事終わってからデカール貼ってたんですが、あーでもないこーでもないと苦戦しつつ、なんとか先ほどトップコートを吹き完成させました。
やはりデカールに必要なのはセンスだと痛感。
RGとかだとデカールの貼る位置が指定されてたりしてそのあたり楽なんですけどね。

トップコートは半光沢を吹くことが多いんですが、今回は黒立ち上げでの塗装もしたという事で初心に帰ってつや消しです。
僕がプラモを始めたころに、ちょうど黒立ち上げが流行ってたのでいつかやってみたいと思ってたんですよね。
そのころは技術もなければそもそもエアブラシを買うお金もないという状況だったので、当時から比べて少しずつでもちゃんとランクアップ出来ているようで嬉しいです。


DSC_0689.jpg

ちなみにトップコート吹いてる時の写真がこちら。
こっちの写真の方が、ブルーのパーツが黒立ち上げなのが分かりやすいのではないでしょうか。
次の週末までにはあらためて写真を撮って上げるつもりです。

で、次の作品なんですが、一応現在HGヘイズル改の制作が進行中です。
ヘイズル改は、コンテスト用にオリジナル改修したりパーツ取りに使ったりはしていたんですが、ヘイズル改そのものとして作ったことが実はなかったので、せめてキットが出ているものはちゃんと作っていきたいなと思っております。

そして、今月にはプレミアムバンダイで予約していたMGヘイズル改も届く予定です。
場合によっては塗装が同時進行という事になるかもしれませんが、そっちも頑張っていこうと思います。
予備も含めて3つ注文してますからね。やる気は十分です。


しかしいつもの事ですが、発売日にキットを買ったはずなのに随分と時間がかかってしまいました。
まあ、今回はスプラトゥーンやりすぎてたのが原因なのは明らかなんですけどね。昨日もフェスやってたしね。
いやぁゲームやり始めると気が付いたら時間たってるからいけない。
まあ、ひとまずフェスも終わったし、ガチマッチも全部Sになったし、少しはゲームも控えめに行こうと思います(苦笑)



posted by 新堂秋裕 at 22:48| Comment(0) | HGUC バーザム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

HGUC 1/144 バーザム その4 【塗装】

こんばんわ。新堂です。

バーザムの塗装がひとまず終わったので今日はそれについてです。
今回バーザムの塗装は、エアブラシを使った塗装に限ると主に6色使って塗装しています。
部分塗装で筆塗するときに違う色を使うかもしれないけどそれはまた別途記載します。


では早速まずは1色目。

DSC_0519.jpg

赤パーツ。色はガイアカラーのヴライトレッド。
特に調色もなく原色のまま使ってます。
赤パーツはパーツ数が少ないので、最初にささっと済ましておきます。


次はイエロー。

DSC_0604.jpg

これも他に比べればパーツ少な目。
塗料はガイアカラーの橙黄色。
ガイアカラーといえど流石に黄色は隠ぺい力が不安なので一応三度吹きしています。


次はグレー。

DSC_0503-2.jpg

主にフレームパーツのグレー。
塗料はガイアノーツのニュートラルグレーV。
ニュートラルグレーWでもいいかなと思ったけど、今回は他の色を濃い目にしようと思っているので、コントラストとかも考えてVまで下げました。
これぞ関節グレーって感じの色ですね。


次は金属パーツ。

DSC_0515.jpg

言ってしまえばどのパーツだって金属ではあるはずなのですが、その中でもなるべくむき出しになっているはずのパーツへの塗装。ブースターとか武器パーツとかだけ、設定を無視してこっちの色で塗ってます。
塗料は、Mrカラーの黒鉄色と焼鉄色のブレンド。
ホントならこれはいつも関節パーツの塗装に使ってたんだけど、関節パーツは他の色で塗ることになったのでこっちに。
この色、簡単に金属感でるのでホント気に入ってます。


次はブラック。

DSC_0568.jpg

今回、ティターンズカラーという塗料を見つけて、それをそのまま使おうと最初は思ってたんですが、買って開けてみるとなんか思ってた色と違う気がする。
悪い色ではないんだけど、これならもっといい色があるはずだ。
と、探した結果こうなりました。
一見ただのブラックに見えますが、これはガイアカラーのニュートラルグレーXになります。
ニュートラルグレーだけどほぼ黒というギリギリを攻めていますね。


そして最後にメインのブルー。

DSC_0525.jpg

の前に、今回は最初にブラックを吹きました。
上の写真と似てますが、ニュートラルグレーではなく正真正銘のブラックです。
そして、それをこう↓

DSC_0640.jpg

という感じにティターンズカラーのブルー2で黒立ち上げっぽい感じで塗装しました。
この黒立ち上げに関しては実は初めての挑戦でいて、これで本当にいいのか微妙に不安なところではあります。
まあ、失敗したら全体をまたブルーで吹きなおして、下地黒のブルー塗装にしてしまえばいいんで、まあ気楽にいきましょう。

と、以上6色が今回の塗装のメインでした。
この週末はほとんど塗装だけで終わってしまったので、来週までには墨入れと組み上げは終わらせたいですね。


posted by 新堂秋裕 at 23:59| Comment(0) | HGUC バーザム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする