2020年12月25日

HGUC 1/144 ジム・クゥエル その2 【サフ】

DSC_0262.jpg

こんばんは、新堂です。
今日は予定通りジム・クゥエルのサフ吹きについてです。

サフはいつも通り、ガイアノーツのグレーサフを使用。

バイザーはクリア―パーツなので、その上からさらにクリア―オレンジを吹いて発色をよくします。
サフを吹くと透明感が無くなってしまうので今回サフは吹きません。

腕のパーツは後ハメ加工をしているのでこの状態では外しています。
後ハメ加工についてはHGUCヘイズル改の時と同じですのでそちらを参照していただければと思います。
ジム・クゥエルとヘイズル系のキットは腕パーツが同型なのでこういう時経験が活きますね。
ヘイズルは複数体作っているので、加工の手際も一度目よりも断然早くなっている気がします。

あとは全体的にいつも通り。
傷のチェックと関節のクリアランスを調節する程度です。

この後、ブルーとブラックのパーツには下地としてブラックを吹いた後、MAX塗りっぽく塗装していきます。
次回は完成した状態のものをUP出来ると思います。お楽しみに。


ガンプラランキング

posted by 新堂秋裕 at 22:03| Comment(0) | HGUC ジム・クゥエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする