2012年07月06日

HG 1/144 MBF-M1 M1アストレイ その1

梅雨のせいで塗装が進まずユニコーンが完成手前で止まってるんで、とりあえず表面処理とか出来る奴から組んでいこうという事で先日発売されたM1アストレイの製作を開始。

HG 1/144 MBF-M1 M1アストレイ その1

いやー、待ちに待ったM1。
レッドフレームとかは個人的にはそこまで好きじゃないんだけど、量産機としてのM1は大好きだったりする。
コレクションシリーズの1/144M1アストレイは昔組んだけど、やっぱりせめてHGくらいのクヲリティが欲しかったのです。
無事発売してくれてうれしい限り。

HG 1/144 MBF-M1 M1アストレイ その1

という事でさっそく仮組。
キットの出来はまあそこそこ。
やはりベースはSEED系のキットなのか、ヒザがモナカだったり可動範囲が微妙だったり色分けが相変わらずだったり気になる所がいくつかあるけど、まあ一応加工やら塗装やらで許容できる範囲ですかね。

追加装備でカタナがついてるけど、個人的には無くても良かったな。
エクシアみたいな重量級の実体剣ならまだいいんだけど、ロボでカタナはないだろうという感想。
ビジュアルとしては嫌いじゃないけど、個人的にはスーパーロボットよりリアルロボットの方が好き。

あと、背中のBPの中心に何かを接続できそうな部分があるんだけどこれはアレかね、シュライク装備を期待しても良いのかね?
シュライクのあの無理やり飛ばしてる感じ結構好きなんで出てくれることに期待。
まあ、キュリオスも接続部っぽいのあったけどまだミサイルタンク出てないんで、あんまり期待せずに待つ方向で。

とりあえず、ユニコーンメインだけど合間を見てこっちも作っていく方向で。


posted by 新堂秋裕 at 23:05| Comment(0) | HGM1アストレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。