2012年12月07日

1/1300 モーレツ宇宙海賊 弁天丸 制作記録.3 【合わせ目消し】

はい。こんばんは、ヒロです。

今日は弁天丸の合わせ目消しについて。

弁天丸は本体部分を始め、数か所がモナカ構造になっているため見えるところに合わせ目ができます。
キット自体は上手い具合に気にならないような箇所に合わせ目が行くようにはなっているんですが、個人的にはやっぱり気になってしまうのでタミヤセメントを使って接着後合わせ目けしをすることにします。

1/1300 モーレツ宇宙海賊 弁天丸

で、合わせ目を消すのがこのパーツ。

上の大きなのが本体部分。説明書通りM3パーツを挟み込んだうえで接着。
上部の尾翼が来るあたりと、船底のあたりの合わせ目が目立つので消していきます。

左下のが左右のブースターパーツ。
ブースター部分は後から差し込めるので、今回はこのパーツだけで接着。

右下は本体とブースターを繋ぐウイングのパーツ。
これは合わせ目がわかりにくいので接着がいらなそうにも見えたんだけど、形状のせいか少しめくれる事があるので接着しておきます。

とまあ、合わせ目けし用の接着はこのくらい。
写真の状態は接着してすぐの状態ですが、もう少し置いて完全に固まったら表面処理をしていきます。

それと、一部後ハメ加工的なことをした方がいいかなって箇所があるので、もしかしたらそっちも別途やってしまうかもしれません。
もしやることになったらそれもUPします。


  


posted by 新堂秋裕 at 23:11| Comment(0) | 1/1300 弁天丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。