2013年08月14日

HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ 制作記録.2 【完成・出品】

はい、というわけでクシャトリヤの記事2回目ですが、完成しました(笑)
いやー、今回ちょっと仕事の方が忙しくてプラモ作ってる時間確保するのでいっぱいいっぱいだったもので、更新の方がおろそかになってしまいました。
加工やら何やらの詳しい詳細はまた後日書きます。

てなわけで、完成したクシャトリヤをホビーゾーンさんに持っていって来ました。

HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ

こんな感じで飾られてます。
出品されてる作品は僕のを入れて8作品くらいだったかな?
僕の後に出品してる人もいるかもしれないので増えてるかもしれません。


で、一応加工の事を少し。

一番大きな部分はバインダーの差し替えで、クシャトリヤの4つのバインダーの内後ろ側の二つを取り外し、最近発売されたHGUCメッサーラのブースターと交換しています。
ジョイント部分の企画がぴったりだったので、アーム部分の組み立て向きなどをかえた程度でほとんど無加工でくっつけています。
また、残りの2つのバインダーもパーツを一部分割して立体感を出しました。

あとは全体的に細かくディテールを追加。
いつもはwaveの市販パーツでディテールUPをはかる事が多いんですが、今回はコトブキヤさんのパーツに手を出してみました。
近所ではあんまり売ってないんですが、ヨドバシの通販で安く買えたので今後も使っていこうと思います。
胸やバインダーのアーム部分の○部分に、マイナスモールドがピッタリハマってくれたおかげで手軽にクヲリティアップが出来ました。

そしてカラーリング面では、今回は少し思い切ってホワイトを全面に出してみる感じで塗装。
各部パイプや袖の部分など、本来白でない色を白で統一する事でオリジナリティを出しつつインパクトを与えれるように出来たんじゃないかと思います。
けして、袖の部分塗るのめんどくさい、とか、黄色作るのめんどくさい、とか、そういう事ではないのです(笑)
やっぱりコンテストとかになると第一印象って重要ですからね。
細かい部分いじるより、カラーリングを変えた方が効果大きい気がします。
もちろん、もっと上目指すなら色だけでは駄目でしょうけど(笑)


とまあ、今回はこんな感じ。

一応、今月いっぱいくらいはホビーゾーンさん(愛媛県今治イオン3F)にて飾られてます。
状況次第では9月上旬くらいまでは飾ってるかも。
ともあれ、今回も無事出品できましたので、良かったら見てやってください。

 


posted by 新堂秋裕 at 21:57| Comment(0) | HGUC クシャトリヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。