2017年09月18日

MG 1/100 ヘイズル改 その2 【仮組み】

DSC_0799.jpg

MGヘイズル改の仮組み完了しました。

昨日は台風で家から出られなかったせいもあってずっとプラモ作ってました。
うちの近所では避難勧告が出された地域もあったみたいですが、うちは雨風が強いくらいで特に被害はなかったです。
平日だったら台風だろうが仕事なんで休日でまだ助かりました。


さて、というわけでMGヘイズル改。いやーこれは良いキットです。
発売前の写真なんかを見る限りだとディテール面はHGとさほど変わらないようにも思いましたが、実際に組んでみるとボリュームが段違いですね。
パーツの多さ、大きさと、やはり格段に凄い。圧倒されます。
いやー、やはり買ってよかった。


ちなみにこれから表面処理や塗装を始めるわけですが、今回僕が制作するにあたって注意しようと思うところを一応書き出しておきます。あくまで自分用のメモみたいな感じですが。

・頭部センサー部分の色分け。
HGでは単色だった上に合わせ目も地味に気になった箇所だけど、パーツが分割されてセンサーは緑がかったクリアーパーツになっている。ただし黄色の部分は塗装が必要。

・瞳のパーツが頭頂部のセンサーと同色のクリアーパーツに。
シールが付属しているのでシールで仕上げてもいいし塗装でもいい。
これはまあいつも通り。

・腰のV字型のマーク、左胸・バックパック・両足のセンサー、脚部黄色パーツは単色成型。
シールが付属しているので、腰のV字だけ部分塗装して他はシールで済まそうと思う。

・ライフルとマガジンは相変わらずモナカ。合わせ目消しが必要。

とまあ、ざっと目につくのはこれくらい。
作っているうちに気になるところも出てくるかもしれませんが、ひとまず作る時に気を付けるのはこんなもんでしょう。

あと、気を付ける部分というわけではないですが、HGではモナカ構造で合わせ目消しが必要だった肩、前腕、太もも、の合わせ目けしが不要になったのは大きいです。
前腕部には新規ディテールも追加されてていいですね。
それから、肩や脚のスラスターも分割されているのも嬉しい。
ここまでやったら腰のV字パーツも分割してほしかったけど、そこまで言ったら流石に欲張りすぎかな。

まあ、ともあれ、合わせ目消しやマスキングをする手間が減った分、パーツ数は多くなっているので途中で力尽きないように頑張って作っていきましょう。


機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 上巻 ADVANCE OF Z
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013-12-10)
売り上げランキング: 43,488



posted by 新堂秋裕 at 21:34| Comment(0) | MGヘイズル改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。