2019年11月18日

HGUC 1/144 ガンダムTR-1 ヘイズル改 その2【加工】

今回のヘイズル改ではほとんど加工をせずに作ると最初に言ったものの、合わせ目などの最低限の処理はしておきたいので今回はその加工個所について書いておきます。


DSC_0037.jpg

頭部には両サイドに合わせ目があるため彫り込んでディテール化。
また、アンテナの先端も削ってシャープにしています。


DSC_0044.jpg

頭頂部のセンサーパーツには後ろ側に合わせ目があるので、スジ彫りしつつ新しいディテールを追加して合わせ目だとわからないように加工。
あんまり細かくディテールを追加するとここだけ情報量が増えてしまうのでほどほどに。


DSC_0054.jpg

腕の合わせ目は、肩の上側、肩の横側、前腕と多めな上にかなり目立ちます。
パーツのど真ん中に合わせ目が出るというヘイズル系あるあるで、ヘイズル2号機やジム・クゥエルも同じように苦労する箇所。
もう慣れたものですが、ここは後ハメ加工して合わせ目消し。
やはりここの加工に一番時間がかかります。


DSC_0049.jpg

太ももにもパーツの前後ド真ん中に合わせ目があります。
パーツ上部にやや複雑なディテールがあるのでそこの処理が若干面倒ですが、ここはポリキャップを組み込んだ上で接着してしまえばいいだけだからだいぶ楽です。


以上、今回の加工部分でした。
パーツによっては既存のディテールをスジ彫りして補強する程度の事はしていますが、新規ディテールの追加などがない分かなり早く終わりました。
次回の更新までにはサフを吹いてキズ処理が終わっていればいいなと思います。


posted by 新堂秋裕 at 23:49| Comment(0) | 完成)HGUC ヘイズル改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。