2019年11月18日

HGUC 1/144 ガンダムTR-1 ヘイズル改 その2【加工】

今回のヘイズル改ではほとんど加工をせずに作ると最初に言ったものの、合わせ目などの最低限の処理はしておきたいので今回はその加工個所について書いておきます。


DSC_0037.jpg

頭部には両サイドに合わせ目があるため彫り込んでディテール化。
また、アンテナの先端も削ってシャープにしています。


DSC_0044.jpg

頭頂部のセンサーパーツには後ろ側に合わせ目があるので、スジ彫りしつつ新しいディテールを追加して合わせ目だとわからないように加工。
あんまり細かくディテールを追加するとここだけ情報量が増えてしまうのでほどほどに。


DSC_0054.jpg

腕の合わせ目は、肩の上側、肩の横側、前腕と多めな上にかなり目立ちます。
パーツのど真ん中に合わせ目が出るというヘイズル系あるあるで、ヘイズル2号機やジム・クゥエルも同じように苦労する箇所。
もう慣れたものですが、ここは後ハメ加工して合わせ目消し。
やはりここの加工に一番時間がかかります。


DSC_0049.jpg

太ももにもパーツの前後ド真ん中に合わせ目があります。
パーツ上部にやや複雑なディテールがあるのでそこの処理が若干面倒ですが、ここはポリキャップを組み込んだ上で接着してしまえばいいだけだからだいぶ楽です。


以上、今回の加工部分でした。
パーツによっては既存のディテールをスジ彫りして補強する程度の事はしていますが、新規ディテールの追加などがない分かなり早く終わりました。
次回の更新までにはサフを吹いてキズ処理が終わっていればいいなと思います。


posted by 新堂秋裕 at 23:49| Comment(0) | 完成)HGUC ヘイズル改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

HGUC 1/144 ガンダムTR-1 ヘイズル改 その1 【仮組み】

DSC_0013-1.png

更新再開第一回目のキットはやはりコレ!
AOZの象徴というべき機体。ガンダムTR-1 ヘイズル改です。
ヘイズル改に関しては、昨年あたりからプレミアムバンダイでMGヘイズル改やMGアドバンスドヘイズルなども発売し、個人的にはまさにこの世の春といっても過言ではないのですが、やはりちゃんとブログに書いて更新するなら最初からやりたいのでMGではなくHGUCのヘイズル改から作っていこうと思います。

しかし実はこのキット、いままでもそれなりに触れてきたキットです。
以前、コンテスト用に作ったヘイズル改HWSには本体として。
同じくアドバンスド・ユニコーンには腕パーツと武装などとして使用しており、更には仮組みだけしているもの、フルドドやプリムローズと合体させて遊んでいたもの等、今更「初めてのキットです」と言うと随分と違和感があります。
ただ、ちゃんとヘイズル改として完成させた事は実はないので、これを機会にしっかり作っていこうと思います。

……といっても、まずはあまり加工やオリジナル要素は控えめに、とにかくサクッと完成させることを目標にします。
あんまり手を加えすぎて完成までに何ヶ月も経つとなればまた途中でやる気がなえる可能性があるので、最低限の手を加えつつ早さと制作数重視で行きましょう。
それでなくても積んでいるキットが多すぎるので、少しずつ確実に完成させていこうと思います。
posted by 新堂秋裕 at 18:42| Comment(0) | 完成)HGUC ヘイズル改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。